◆Corona SDK

■基礎から学ぶ Corona SDK

 

「Corona SDK」とは、アンスカ社が開発した、スマートフォンのアプリ開発のためのプラットフォームで、1つのソースコードからiPhone/iPad、Androidのアプリを作成することができます。高性能なグラフィック機能を備えており、ゲーム開発などにおいても効率的な開発が可能なプラットフォームとして注目を集めています。
本書では、Corona SDKによる、iPhone/iPad、Androidのアプリ開発の方法を基礎から応用までわかりやすく解説します。なお、本書はアンスカ社の公認書籍です。

 

単行本(ソフトカバー): 479ページ

出版社: シーアンドアール研究所 

発売日: 2012/2/25

http://www.amazon.co.jp/CoronaSDK/dp/4863540981/ref=oosr


■iOS/Android対応アプリ開発ツール「Corona SDK」ハンドブック2011


Corona(コロナ) SDKとは、シリコンバレーのスタートアップ企業であるアンスカ社が展開している、iPhoneやiPad、Androidといったスマートフォンやタブレット端末向けのアプリケーションを開発するためのツールである。Corona SDKを使用した開発の最大の特徴は、Lua(ルア)というスクリプト言語を使用して、一度に複数のプラットフォーム向けにアプリケーションを開発できるという点である。Coronaは、従来の開発環境に比べて、学習コスト/開発コストの大幅な低減と迅速な開発を実現している。