吉備津彦神社 大燈籠 プロジェクションマッピング

 

大晦日ら正月かけて、桃太郎で有名な岡山の吉備津彦神社で高さ11mの大燈籠にプロジェクションマッピング行いました。今回は桃太郎の元になったとされる吉備津彦命の逸話を題材に映像を作成してみました。

 

■桃太郎さん

吉備津彦命は温羅の投じる岩に対して2本の矢を同時に射て温羅の左目を射抜く。温羅が雉に変化して逃げると命は鷹になって追う。最後は鯉になって川に逃げた温羅を命が鵜になって飲み込んで退治した。

 

 

また、自分以外にもデジタルハリウッドの学生たちの作品も投影してきました!

現場で自分の作品を見たり、作業なども勉強でき良い体験になったかと思います。 

 

nanographicaさん、吉備津彦神社の皆さんありがとうございました。

 

これからはじめるプロジェクションマッピング

 

初心者には敷居が高く見える『プロジェクションマッピング』ですが、オフィスや学校にあるプロジェクターでも、アイディア次第で手軽にプロジェクションマッピングを楽しむことができます。

この本では専門的な映像制作の解説、制作は行わずに、付属のサンプル映像やソフトの映像エフェクト機能だけを使用して、初心者の方でも手軽にプロジェクションマッピングを楽しめる方法や事例について解説します。

 

これからはじめるプロジェクションマッピング

藤川佑介(著)

出版社: マイナビ

発売日: 2014/6/28

https://book.mynavi.jp/ec/products/detail/id=25232